インフォレビュー@守破離ネット

「気づき」を「稼ぎ」に変える~KENBO's Blog

神の粒子(ヒッグス粒子)と脳への摩擦

1123 views
約 4 分

2013/10/8にヒッグス粒子を発見したエディンバラ大学の

ピーター・ヒッグス名誉教授と、ベルギーのブリュッセル自由大学

フランソワ・アングレール名誉教授がノーベル賞を受賞されましたね。

ヒッグス粒子という言葉は、「神の粒子」とも呼ばれ

このネーミングに私はひときわ関心を抱いておりました。


近頃は、なぜかインフォ業界でも「神のxxx」だとか

不遜な名前を使ったものがありますが、こういった下賤な

話をしたいわけではありません。


私はヒッグス粒子の理論は、中身は理解できていませんが

何の話かは知っています。

ヒッグス粒子

質量はどのようなしくみで発生するのか?

といった、当たり前のようにモノの重量を実生活で感じる

私たちですがその根本が解明されていませんでした。

なぜ質量があるのか?に論理的に答えられる人はヒッグス博士と

アングレール博士というわけです。


私が理解したところでは・・・

まず、宇宙が初期のころ、すべての素粒子は自由に好き放題に

動きまわっていたとのことで、そのときは質量なるものがなかった

という話で、イメージが難しいですが対称性を保っていたようです。

直観的には、ある種の均衡状態があったということだと理解しています。

それが、ある種の【ぶれ】によって、対称性が崩れていって

素粒子たちが、対称が崩れたところへぶつかり、その結果

今までは好き放題に動き回っていたところに、【抵抗】が

生じたということらしいです。

抵抗が生じるとどうなるかというと、動きにくくなるわけです。

まぁ、抵抗があると動きににくいということは

私たちの生きている世界でも想像するのは容易です(^^)

その素粒子の動きにくさが、イコール質量というものだそうです。

その仮説証明のカギを握っているのが、ヒッグス粒子であって

これがないとビッグバン理論も粉々というほどの重要性を

もっているようですが、人の前に今まで現れなかった

わけですね、神のように。


おっと、この記事はヒッグス粒子の解説ではありません。

私は、先ほど書いた【ぶれ】ということに関心を持ちました。

ブレがあるとどうなるかというと、摩擦が起きますね。

そうです、師匠(坂田智康氏)がよく口にしている

刺激 ⇒ 摩擦 ⇒ エネルギー

という連鎖のことを思い出したのです。

刺激、摩擦というのは、自分のに対して、です。

エネルギーはあなたの情報発信活動の源でもあるわけです。

そうやってエネルギーを生み出すためには、脳に刺激を与え続け

摩擦を生まないことには始まらない、だから何の刺激もないぬるま湯

にいると成功しないというわけです。

意図して意識的に

刺激を得る場を坂田氏本人は積極的に作り出していますね。

1年の何分の1かは、海外をうろついているのもそうですし、

行ったら行ったで、一泊数十万円のホテルに泊まったかと思うと

翌日は500円くらいの危ない小屋に泊まったりしているようです。

このあたりが坂田智康の真実というところです。




なんにしても、宇宙の起源からやはり摩擦というものが

あって、今の世界ができているというヒッグス粒子の話を

聞くにつけ、私たちの脳の中も同じことだとつくづく

深い真理の淵を覗いたような気がしております。




コメントはこちらからよろしくお願いします

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

最近の投稿

More