インフォレビュー@守破離ネット

「気づき」を「稼ぎ」に変える~KENBO's Blog

坂田智康 小玉歩~キャラ真反対なのにここが同じ

1633 views
約 4 分

小玉歩さんってご存知でしょうか?・・・というか

この記事お読みになっている方は少なくとも一度はどこかで

聞いたことのある名前ですよね?

アフィリエイターでもありインフォプレナー(販売者)でもある

「クビでも年収1億円」という本も出されていますね。


私はずいぶん前にこの名前を初めて知ったとき、

一瞬、中国系の方かな?と思いました。

小玉は「しょうぎょく」さんと読むのだろうと思ったわけです(笑)



その小玉歩さんですが、師匠(坂田智康氏)とのコラボも

あって気が合うのかな・・・・と思いつつ実は真反対の性格なのですね。

坂田智康と小玉歩・・・私が理解している真反対部分と、実はこれと対照に

そっくりというべきか非常に近い考え方をお二方が持っていたりします。

坂田智康 小玉歩

では、その違いと共通点に迫ってみましょう。

180度違うキャラ設定

これが一番わかりやすいです。

小玉歩さんは、ご存じの方はご存じのように基本、オープンですね。

顔出しはもちろんのこと、ご自身のこと、ご家族のことも含めて

メディアに露出しています。

セミナーなんかもよく開催されてまして、ご自身をバーッと表に出して

そういった情報発信に徹しているように思います。


一方、師匠のことです。

顔出しはありえませんね、たまに坂田智康は河童か?

と思うような記事やブログを発見するので、もしかして

本当にカッパ?と思っている方もいるのでは(笑)

それで顔出しは無いどころか、坂田智康という名前を表に出した

ブログもフェイスブックもツイッターも存在しません。

隠しているというより、そういったキャラ設定なわけです。


この真反対なキャラですが、どちらがどうだというわけではなく

お二方ともネットではすごい存在感です。


何気に『キャラ設定』と書いておりますが、実はこの点は

ネットでの情報発信の基本中の基本で、非常に重要なことでもあります。

自分は何者だ、というのを定義して(設定して)発信するということです。

これがしっかりできていると、ぶれません。

この点が大事なのですよ。

煉獄マキシマム(2013/9/30まで販売の坂田氏の教材)においても

欠かせない重要な概念となります。

一般にですがほとんどの方のメルマガでは、キャラ設定がぼやけています。

キャラ設定というのは、役者が何かを演じるのと似ています。

いくつも役柄をもって、そして明確にそのことを意識する、という

ところから煉獄マキシマムも始まります。

普通にサイトアフィリで商品リンクを貼ってといったことは

キャラ設定は無関係ですし、その分私は低い次元のやり方だと思っています。

煉獄MAXIMUMをご検討の方は、今いる自分の立ち位置から

ぶっ飛んでいくのだという覚悟と決意を是非もってくださいまし!



共通している価値観のひとつ

ここではたった一つのことに注目します。

それは情報教材とかセミナーなどに対する価値観です。

詐欺商材というのは世の中にはいくつもあるわけですが、

こと情報商材に対しては世間の目はより厳しいのが一般的ですね。


セミナーや情報商材の価値について考えてみましょう。

稼ぐことができたから価値があるのか?

初心者でもできるから価値があるのか?

逆に、稼げなかったから価値が無いのか?

わかりにくいから価値が無いのか?

だから詐欺だと思うのか?

・・・

まぁこういった意見というのは、本質を

何も視ていない証拠でもあります。


坂田智康氏も小玉歩氏も、これに関しては

全く同じだなぁと感じる価値観があります。

それは、

人を動かせるかどうか

ということに価値があるという考え方です。

「動く」というのは、なんらかの刺激を受け、思考が回り

行動に移すといったようなことです。

なにごとも行動なしには一切の成果は出ませんし、

少なくともネットで稼いでいきたいと思う方は

行動なしには誰にも知られることなく、

つまり存在していないのと同じになるわけで

「動く」かどうかが勝負の分かれ目だったりします。


こういった価値観を聞くにつけ、お二方とも

慧眼だな、とつくづく感じいっております。

コメントはこちらからよろしくお願いします

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

最近の投稿

More