インフォレビュー@守破離ネット

「気づき」を「稼ぎ」に変える~KENBO's Blog

坂田智康式~詐欺商材とはなにか?

1274 views
約 4 分

情報商材というのは、世の中どちらかというと白い目で

見られていることは、当ブログの読者さんなら

当然のごとくご存じでしょう。

確かに、価値基準というものが明確ではありません。

それに目に見えませんし、食べ物とか、物とかと違って

情報商材が訴える対象は、主に購入者の【脳】です。

しかし効能がはっきりしないため、詐欺扱いされていることが

多いわけです。


坂田智康氏の教材もときに、というか人によっては

充分に詐欺商材となってもおかしくないですし、

そういったブログも散見されます。

坂田智康氏ほどの強烈なキャラでは、もう

真っ二つに分かれます。好きか嫌いかはっきりしますね。


それよりも驚いたことに、販売者側にある人に関わらず

情報商材のほとんどが詐欺だと放言している人もいて

それじゃその人の商材はそうでないとどうして言えるのか

となると開いた口がふさがりません。

きれいな王道系こそ意味があると主張する情報商材の

販売者やアフィリエイターにそういった傾向が多く見受けられます。

坂田智康 詐欺

ところで、あなたはどんな情報商材が詐欺だと思いますか?

その前に、どのような商材であれそれを手に入れて、実際に

成果が出るまで持続的に行動する人

が10%にも満たないことを知っていますか?

情報商材を買って、多くはダウンロードですがダウンロードして

ちょっちょっと見ておしまい、という人が30%以上でして

それ以前に驚くのはダウンロードすらしない人もいるというので

なんのために買ったんでしょうね、これ(笑)

結局、購入したということが満足につながっているだけで

こういった行動止まりで終わる人がいかに多いかということです。


ということで、何かの商材を購入して成果に結びつけられる人は

いろんな理由から一桁の%にとどまります。

それで、当ブログでも何度かお話していますが

結局のところ詐欺かどうか、価値があるのかどうかは

私はひとつの基準しかありません。

それは、

行動させたかどうか

だけです。

その情報教材によって行動に移った人が100人中1人でもいれば

そこには価値があったと思っています。


稼げるかどうかという意味では、王道系のメルマガ教材、ブログ教材、

コピーライティング教材といったものではその確率は限りなく

低くなります。


なぜなら、王道だからです。

その意味は、王道というのは「基本」とか「当たり前」

のことを教える教材だからです。

意味があるのは、基本とすら気づかない初心者にとって

この世界を少しでも知るという観点ということになります。



ところでもうひとつ深入りしますが、あなたは

なぜ情報商材などのアフィリエイトを始めとして

ネットビジネスをやり始めたのでしょうか?

これ、単純に稼ぐため、と答えた人はまだまだ考えが

浅すぎます。

月に5万とか10万とか、こういった単位のお金を稼ぎたいなら

やめたほうが確実ですよ。

休日にバイトをしたほうが100%確実です。

ネットでやり始めたあなたは違う思いがあるはずです。

その思いがあるからやっているはずなのですね。

それは

「楽をして稼ぎたい」

という思いです。

ご自分に正直に向き合ってみましょう。


そしてそうであるならば、やはり王道ではいかんのですよ。

初心者向けに基本の【き】を教えているだけなのに

なぜそこから楽々と人さまからお金を巻き上げられる

理屈が生まれるのでしょうか?

世の中はそれほどに甘くないのはリアルな生活を

通してあなたもしみじみ感じているはずですよね?


そこに「楽して稼ぐ」答はありえないのですね。

裏技とか闇技とか呼ばれるものは、王道と違うから

そう見えるだけで本当の意味あるノウハウは

そういったところにひそかに息づいているわけです。

裏や闇にこそ、経済原理に則った応用があって、真に人を動かし、

そして動かし続けついには果実を手にできる可能性が

あるということです。

コメントはこちらからよろしくお願いします

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

最近の投稿

More