インフォレビュー@守破離ネット

「気づき」を「稼ぎ」に変える~KENBO's Blog

STCLUB(坂田智康氏の最後のシークレット塾!?)とNMDの次は?

1471 views
約 4 分

ST Club:メディア構築リアルタイム実践塾は12月10日から12月22日まで

ほんのわずかな期間しか販売されません。

YouTube/Ameblo/Twitterを使った全く新規の稼ぎ脳を作るシークレットライブ塾です。

これと別に坂田智康氏の集大成とも言うべき

NMD(スマホ・ガラケー向け携帯情報販売De Lorean)も12月29日で販売完了となります。




立て続けに2つの教材が販売されていて、次もあるんじゃないの?

と思われるのではないでしょうか?


因みに、デロリアンは12/11名前を変えたようで、今は「NMD」です。

これ、略しただけですがどうにも危ないクスリみたいで

さらにやばい響きになりました(笑)

(レターはこんなふうに変わっていくものです。)



それと、STCLUBは公開即、売上・売筋No.1になっています。

因みに、下記のそれぞれの画像の一番上の部分は、他の広告ですのでお間違えなきよう。

考えてみると・・・シークレット塾を一般公開したのは今回初めてですね。

この企画自体は今回こっきりですが、シークレット塾そのものこれが最後になるかもしれません。

売れ筋NO1STクラブ



NMDは、29日まででそれ以降、このクスリは参加者だけに配布・・・

STCLUBはその一週間前の22日に、こっそり募集の幕を閉じます。


それで、どうやら師匠(坂田氏)自身が最近語っている話を含めて

総合的に判断すると、この後はホントにしばらく

もしかすると年単位で次は出てきそうにない感じがしています。


というのも、来年にかけてNMDの商材配布もサポートも

まだまだ続きますし、STCLUBは予定4か月ですが

前回のリアルタイム実践塾・ドラゴンギミック逆戒塾

のことを考えるとプラス1,2ヶ月はありそうな感じがします。


で、やはりその昨年のシークレット塾を思いだすと

彼はおそらく精魂尽き果てるくらい演出を考えるでしょうから

へとへとになるだろうな、と。


STCLUBは特に、そういった性質のものです。

ロシアのボリショイサーカスや中国雑技団のように

驚きの技を見せてくれる真剣勝負なわけですが、

これがサーカスと違うのは、彼の見せてくれる数々の技

を私たちは考えたことも見たこともないだけであって

ふと我に返ると実は誰でも再現できる代物だということです。

そこに実は個人個人、それぞれの気づきがあるわけです。

気づきが溜まれば溜まるほど、その人のポテンシャルも

高まるというわけです。



あとひとつ、師匠の性格というか考え方を紹介します。

すでに坂田氏の何かの商材を購入された方なら、

ぼんやりとでも感じられているかもしれないことです。


坂田氏は、出会いのタイミングというものを非常に尊重します。

商材を売りに出した期間、そのとき何としても欲しいなと思う方は

その商材を肉付けに必要とされているということです。

心が動かなかった人は、そのときは必要としていないということです。


一期一会じゃないですけど、そのとき手にするかしないか

必要と思うかどうかでその先の人生も変わってくるわけです。

私の言いたいことは、そういった奇跡のような交差タイミングで

生まれた関係をとても重視しているということです。


煉獄を購入された方は、坂田氏がある音声でこう言っている

のをご存じかと思います。

「私と関わりを持った方が、損をしたと思われることが

とてもとても嫌いなんです。」と。

あの人は、そういった人なのですよ。

坂田ワールドにしばらくいるだけで、すぐにお分かりになることです。


NMD(デロリアン)とST Clubのレビュー記事はこちらです。


ST Clubについては過去のリアルタイム実践塾を踏まえた事前レビューとなります。

それぞれの教材にこれ以上無いくらいぴったりのKENBOだけの特典も

以下のページからリンクできます。
坂田智康氏の「新」携帯・スマホ情報販売~NMD:ノイマン型魔幻 De Lorean~とは?

坂田智康氏の最大の企画”ST Club”~ メディア構築リアルタイム実践塾とは?

本日までに私からST ClubまたはNMD(デロリアン)をご購入いただいた方には、全てKENBOの特典送付に関するメールを個別にお送りさせていただきました。メールのご確認をよろしくお願いいたします。


コメントはこちらからよろしくお願いします

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

最近の投稿

More